派遣社員として働ける期間は?

派遣社員は原則として3年を超えて働くことはできません。(通称:3年ルール)
しかし、このルールにはいくつかの例外があり、3年経っても同じ派遣先で継続して働く方法もあります。
今回は下記の3つの内容について紹介致します。
1.「3年ルール」の概要
2.3年経つとどうなる?
3.3年後も同じ派遣先で仕事を続ける方法

1.「3年ルール」の概要

派遣社員は同一の職場で3年を超えて働くことは出来ません。
しかし、下記の様な場合は対象外となります。

・派遣元で無期雇用されている
・60歳以上
・終期が明確な有期プロジェクトに派遣される
・日数限定業務(1か月の勤務日数が通常の労働者の半分以下かつ10日以下)
・産休・育休・介護休暇などを取得する人の代わりに派遣される

2.3年経つとどうなる?

派遣会社から「雇用の安定化措置」が取られます。
派遣法の改正により、派遣会社は派遣社員に対して、「雇用の安定化措置」を実施することが義務付けられ、下記の順番で希望する派遣社員に措置を行わなければいけません。

派遣先への直接雇用を依頼

新たな派遣先の提供

派遣元での無期雇用

その他、紹介予定派遣などの安定した雇用の継続を図るための措置

3.3年後も同じ派遣先で仕事を続ける方法 

・派遣先から継続して働いて欲しいという要望があり、派遣社員も継続を希望した場合に派遣先と直接雇用を結ぶ(雇用主が派遣先企業)
・同じ派遣先企業であっても部署を移動する
・有期雇用派遣(3か月毎などの期間を定めた契約)から無期雇用派遣(期間の定めない契約)変更を依頼する

最後に

法律(派遣法)も改正され3年経っても継続して働けるようになり、より働きやすい環境になっています。自分に合う派遣会社を探してみるのはいかがでしょうか。筆者がオススメするのは事務派遣に特化した派遣会社である、ケイプロモーションです。ぜひ一度下記のお問い合わせフォームからご相談頂ければと思います。