派遣社員も退職金がもらえる!?

2020年4月の派遣法改正により、派遣社員も退職金が支給されることになりました。
今回は派遣社員の退職金の支給方法とメリット・デメリットをお届け致します。

派遣会社の退職金制度では退職時に退職金が支払われる

派遣会社の退職金制度では、退職時に退職金が支払われます。
退職金を、退職時に支給する決まりとなっている為です。

メリット
・退職時にまとまったお金がもらえる。
・勤務年数が長くなればなるほど退職金は増える。
・一般的な退職金制度と同等以上の額になるよう決まりがあるので、極端に少ない退職金とはならない。
デメリット
・勤続3年が条件になるため、3年以上働かない場合は退職金をもらえない
・退職金前払い制度より時給が低くなる傾向にある

退職金を毎月の給与で支払う退職金前払い制度

退職金前払い制度とは、退職金を退職時に受け取るのではなく、毎月の給与で前払いし
てもらう方法です。
厚生労働省から毎年通知される水準と同等以上の退職金を、毎月の給与に含んで支給します。

メリット
・時給が高くなる傾向にある。
・前払いだから派遣期間が短い人も確実に退職金をもらえる。
デメリット
・退職時にまとまった額の退職金をもらえない。
・時給に上乗せされるため「給与」扱いとなり、社会保険料の控除がアップする

派遣先の退職金制度に基づいた退職金を派遣会社から支払ってもらう

派遣先の退職金制度の場合、派遣先の退職金制度に基づいた退職金を派遣会社から
支払ってもらいます。

メリット
・規模の大きな派遣先の場合、他の支給方法に比べて退職金の支給額が多いケースもある。
・退職時にまとまったお金を受け取れる。
デメリット
・派遣先に退職金制度がない場合、退職金をもらえない。
・派遣先は勤続3年から退職金を支給するケースが多いので、最低3年は働かないと退職金をもらえない。

まとめ

基本的に支給方法は派遣会社によって決められており、時給へ上乗せするなどして毎月の賃金で支払う「退職金前払い制度」を採用している派遣会社が多いです。「退職金前払い制度」は毎月の賃金で支払われるので、雇用期間の短い人でも必ず退職金をもらえます。
退職金の有無や支給方法については、派遣会社へ登録するときや派遣時に、書面にて明示があるので必ず確認するようにしましょう。

最後に

筆者がオススメするのは事務派遣に特化した派遣会社である、ケイプロモーションです。ぜひ一度下記のお問い合わせフォームからご相談頂ければと思います。