「派遣求人が多い時期はいつ?」という方へ

近年、少子化や労働形態の多様化により企業の人材不足が社会問題になっており、企業の人材獲得競争は激化しております。そのため
派遣求人が多い時期
にSNS広告を運用したりする事例が増えています。

中小企業の従業員過不足の状況を業種ごとに確認すると、2013年以降、全業種で人手不足となっており、特に、建設業及びサービス業で不足感が強まっている。

中小企業白書 2017 中小企業の雇用環境と人手不足の現状

上記の厚生労働省の中小企業白書では企業の人材不足について指摘されています。その結果、自社で雇用するのではなく、派遣会社の社員を雇用するケースが増えています。そこで本コラムでは派遣社員を採用したいという方に、派遣をするベストな時期についてお話をしたいと思います。

日本の雇用状況

人材不足と一概に言っても、会社の規模に応じて異なります。

実際の雇用者数について従業者規模別に見ると、ここ20年で、500人以上の従業者規模の企業では約382万人増加しているのに対し、29人
以下の従業者規模の企業の従業者数は約215万人減少している

中小企業白書 2017 中小企業の雇用環境と人手不足の現状

特に、中小企業では人材を雇用するための予算が少ない状況が多く、人材不足に悩まされているのです。そこでコストを抑えた状態で確実に雇用する方法が派遣社員です。派遣社員の雇用主は派遣会社であるため、派遣社員への給与などの経理業務、指導などの教育費はすべて派遣会社の負担になります。その結果、派遣会社へのお問い合わせが現在増えてきているのが現実です。

派遣求人が多い時期

派遣会社から紹介された派遣社員が希望と合わない、いわゆるミスマッチングも多いです。そのため本コラムでは派遣求人が多い時期について取り上げたいと思います。派遣求人が多い時期を知るということは、派遣会社への登録者社員数が多い時期を知るということであるため、希望にかなった人材と出会う可能性が上がります。以下、二つが派遣求人が多い時期です。

4月・10月
この時期は入社式など企業の新しい一年を迎えるシーズンです。そのため、定年退職や転職などが増える時期です。結果、派遣会社で派遣登録をされる方が多いです。
7月
この時期はボーナスが貰えるシーズンです。ボーナスを貰ってから辞めようという従業員も多いため、退職が増える時期です。結果、派遣会社で派遣登録をされる方が多いです。

最後に

派遣求人が多い時期について理解できましたでしょうか?とはいえ、人材派遣をする際はこの他にも気をつける点はございます。筆者は一度、人材派遣に詳しい派遣会社にお問い合わせをすることをオススメします。特に筆者が最もオススメしたいのは事務派遣に特化した派遣会社である、ケイプロモーションです。ぜひ一度下記のお問い合わせフォームからご相談頂ければと思います。