医療事務の仕事内容・向いている人

医療事務は魅力が多いことから特に女性からの人気が高く、今やすっかり資格講座の定番となっています。
そんな医療事務のを仕事内容・向いている人を紹介します。

医療事務の仕事とは?

医療事務とは医療機関で事務や経理などの業務を行い、医師や看護師をサポートする職業です。「事務」という言葉から、パソコンを使い個人で業務をイメージする方もいるかと思いますが、実際には受付業務で患者さんと直接関わったり、レセプト作成したりと様々な業務を行っています。

受付・会計業務

医療事務のお仕事で最もイメージしやすいと思います。患者さんが来院して最初と最後に接するので「病院の顔」といえます。
◇受付業務:来院した患者さんから保険証や診察券を預り、患者さんを受診科へ案内をする業務
◇会計業務:診療を終えた患者さんのカルテと診療報酬点数表、患者さんが加入している医療保険をもとに請求する金額を計算する業務

クラーク業務

クラーク業務はさらに外来クラークと病棟クラークに分けられます。
◇外来クラーク:電話対応やカルテやレントゲンの準備など患者さんと医師、看護師を繋ぐ業務
◇病棟クラーク:入院病棟で発生する事務全般となり入退院手続きや食事伝票の管理、手術・検査スケジュールの管理などの業務

レセプト業務

医療事務の専門性がもっとも発揮される仕事がレセプト業務です。
受付で患者さんには保険証を提示していただいた時患者さんは診療費用の全額を負担するわけではありません。一部を患者さん本人が支払い、残りを交付している健康保険組合などが支払う仕組みになっています。
◇レセプト業務:健康保険組合などに対して診療費用を請求する業務。
この診療費用の請求の際に提出を求められるのが「レセプト」という書類。

どんな人が向いているの?

気配りが出来る人

病院に来る方は何らかの体調不良があります。具合が悪い、不安がある時は少しの冷たい対応でも気になってしまいがちです。
そんな患者さんが病院に訪れた時最初に接するのが受付になります。自分の気分で行動する人よりも患者さんの気持ちを考え接する事の出来る人が向いています。

正確な仕事が出来る人

医療事務の仕事には様々な業務がありますが、上記で述べたように「レセプト作成」がメインの業務になります。
レセプトは毎月10日までに必ず提出をしなければならない為、期限内に正確に事務処理をするスキルが求められます。

冷静に物事を判断出来る人

病院の中では何が起こるか分かりません。急な入院や患者さんの来院、どんな突然の事でも焦らず冷静に対応しなければなりません。その際、冷静に物事を判断出来る人だとスムーズに業務が行えます。

最後に

医療事務の仕事内容について理解できましたでしょうか?自分の希望通りに働ける医院を探すとき一度相談することをオススメします。
筆者がオススメするのは医療事務に特化した派遣会社である、ケイプロモーションです。ぜひ一度下記のお問い合わせフォームからご相談頂ければと思います。