有期雇用派遣

有期雇用派遣

一般的な人材派遣のことで、企業が必要とする期間だけ人材派遣会社と派遣社員が雇用契約を結ぶことから有期雇用派遣と呼ばれます。企業と派遣社員には直接の雇用関係はなく、人材派遣会社と派遣契約のもと業務指示を行います。

有期雇用派遣のメリット
  • 必要な時に応じて人材を確保出来る。
  • 人材育成の必要がなく即戦力の社員を獲得できる。
  • 福利厚生費などを大幅に節約出来る。
有期雇用派遣のデメリット
  • 生え抜きの社員が育ちにくい。
  • 会社への帰属意識が育ちにくい。
  • 有期雇用派遣のデメリットが入ります。
  • スキルなどミスマッチの可能性がある。

無期雇用派遣

無期雇用派遣

無期雇用派遣とは、仕組みは有期雇用派遣と変わりませんが、人材派遣会社と派遣社員が無期雇用契約を結んでいるのが違いです。企業と人材派遣会社が無期の派遣契約を結ぶものではないので注意しましょう。労働者派遣法の改正により派遣社員が同じ職場で3年を超えて働く場合には雇用安定の措置を実施することが義務付けられたことから注目され始めています。

無期雇用派遣のメリット
  • 優秀な派遣社員を継続して確保出来る。
  • 派遣先の情報漏洩などを防止できる。
  • 社員にとって収入が保障されるので募集や定着が上昇する。
無期雇用派遣のデメリット
  • 派遣会社にとって継続的な人件費がかかる。
  • 派遣する社員の管理を有期雇用以上に求められる。
  • 派遣社員の人材調整がしにくい。

ページの先頭へ